結婚式に参加する際の流れ

結婚式の出席がきまったら行うべき事について

お呼ばれの時の服装について

結婚式の招待状が届いた時から、結婚式のマナーが開始されます。 通常は、返信用のはがきが付いている為、記載されている期限までに返信するのが一般的なマナーになっています。 どうしても、近くにならないと予定が分からないのであれば、相手にきちんと連絡を入れて招待状が少し遅れる旨を説明しましょう。

返信はいつまでに行うのか?

女性の場合、結婚式の時のドレス選びにはとても気を使う事が多いと思います。
結婚式ならではのマナーが存在しており、参加する側は身にまとう事が出来ないカラーがあります。
皆さんもご存知かと思いますが、一般的には「花嫁と同じ白のドレスや服装はNG」な事が多いです。

ですが、その他にも守らないといけないルールがいくつかあります。
結婚式への参加が決まったら、このような流れでドレスを選ぶようにすると安全だと思います。
あくまで、結婚式の主役は新郎新婦であり、自分ではない事は心に刻んでおきましょう。
あまり肌の露出が多いドレスやワンピースでの参加は良くありません。

それから、あまりにもデザインが奇抜で個性的すぎる服装は避けましょう。
今では、結婚式のスタイルも多種多様に変化をしてきており、あまり形にとらわれず行う結婚スタイルも増えています。
その為、カジュアルな服装やパンツスタイルでの参加を許している場合もあります。
しかし、このような場合は事前に連絡が行くはずなので、一般的に結婚式に参加する際には着用はしない事をおススメします。

それから、靴や小物でもいくつか禁止されている物があります。
まず、足の先が出るタイプの靴は履かないようにして下さい。
勿論ブーツスタイルも禁止です。

バッグやアクセサリーも注意が必要です。
バッグは、動物柄は「殺生をイメージ」させるとして持つのは禁止ですし、ファーも身に付ける事は出来ないようになっています。

ご祝儀に包む金額について

結婚式に参加する際に、もし友人の結婚式であれば、ご祝儀の相場はだいたい2万円から3万円だと言われています。 親族の場合だと、多めの5万円から10万円くらいだと言いますが、従兄の場合だと友人と同じくらいの金額で良いみたいです。 様々な風習もあるので一度確認してから金額を包むようにすると良いかもしれません。

結婚式の男性の服装について

男性も女性と同様に結婚式に着てはいけない服装があります。 一般的には、スーツで良いと言われていますが、ビジネススーツではなくフォーマルスーツで控えめなシャツやネクタイを選んで参加するようにしましょう。 靴や小物も派手ではない物を身に付けると良いです。

TOPへもどる