結婚式に参加する際の流れ

結婚式の出席がきまったら行うべき事について

>

結婚式の男性の服装について

お呼ばれゲストのテーブルマナーについて

結婚式に参加する際に、楽しみなのが食事だと思います。
披露宴で出される食事は主催者側からゲストに対してのおもてなしの一つとして美味しい食事を楽しんで貰おうという心遣いでもあります。
特に、お祝いの席でのテーブルマナーは意外と周囲の人が見ている事が多いそうです。

ゲストとして恥ずかしくないテーブルマナーについて書きたいと思いますので、参考になれば良いと思います。
まず、多くの食事が洋食で出されると思いますので、テーブルには沢山のフォークやスプーンが並んでいると思います。
使うのは一番外側から使い、お皿は持ち上げて食べてはいけないようになっています。
途中でトイレに立つ場合は、八の字にフォークとナイフを置いてまだ食事の途中である事を示しましょう。

和食の場合のテーブルマナーについて

結婚式に出される食事で時には和食スタイルの場合もあります。
前の記事でも紹介したように、洋食スタイルが主流になっていますが、和食の場合に最低限知っておくと便利な基本的マナーについて書きたいと思います。
和食の場合は、ほとんどがお箸で食べる事が多いので、最低限でもお箸は正しく持って食事をすると食事をしている姿が綺麗に映ります。

お箸を使用する際には、食べ物に刺して食べない事、お箸で物を寄せない事、すくって物を食べないようにする事が基本です。
和食に使用されている食器も高級なお皿が多く使用されている事があるので、必ず両手を添えてお皿を持って傷を付けないようにしましょう。
食事を食べ終わったら、お箸はきちんと箸袋の中に入れて箸置きに戻す事が良いです。


この記事をシェアする
TOPへもどる